契約プロ

金田久美子プロ

金田久美子プロ
(Kumiko Kaneda)

生年月日:1989年8月14日
出身地:愛知県
所属:スタンレー電気株式会社

 


父の影響で3歳からゴルフを始める。

「世界ジュニア選手権」10歳以下の部を8歳で制し、タイガー・ウッズに並ぶ記録を作った。
その後も「世界ジュニア」での5回の優勝をはじめ、「日本ジュニア」、「中部女子アマチュア」などの数々のアマチュア大会で優勝をおさめる。

2002年には、リゾートトラストレディスで12歳9ヶ月という最年少予選通過記録(当時)を樹立。

2004年は「ゴルフ5レディス」で3位タイ、2006年には「ニチレイPGMレディス」で4位タイに入るなど、アマチュア時代からプロのトーナメントで活躍する。

プロ転向3年目の2011年、第30回フジサンケイレディスクラシック最終日に前日の8位から5打差を逆転してツアー初優勝を果たす。


矢野東プロ

矢野東プロ
(Azuma Yano)

生年月日:1977年7月6日
出身:群馬県
所属:フリー

 


学生大会で数々のタイトルを獲得し、卒業とともにプロに転向。08年には10試合連続トップ10入り。
その間『ANAオープン』と『ブリヂストンオープン』で片山晋呉との最終日最終組対決を制して優勝。賞金王争いでは片山に及ばなかったが1億円を突破して賞金ランク2位と躍進した。

ツアー通算3勝(’17年1月現在)。端整な顔立ちと個性的なゴルフファッションで異彩を放つ一方で、チャリティやジュニア育成の事業を立ち上げるなど、社会貢献にも意欲的に取り組んでいる。
昨季の賞金ランキングは34位で、今季の第1シード権を獲得。

17年は以前から痛めていた右ひじの状態が悪化。戦線離脱して手術に踏み切った。

今季は特別保障制度が適用されての出場。復活にかける。


kana_nagai_lg

永井花奈プロ
(Kana Nagai)

生年月日:1997年6月16日
出身地:東京都
所属:デンソー

 


飲食店を経営する父の影響でゴルフを始め、中学1年生で「日本女子アマ選手権」(2010年)に出場、12年には「石川遼カップジュニア選手権」「ロレックスジュニア選手権」など全国規模の大会で優勝を果たす。

同年よりプロトーナメントにも出場を始め、「ヨネックスレディス」では、ローアマを獲得し一躍話題を集めた。13年、14年と「関東女子アマ」を連覇しナショナルチーム入りを果たす。2016年1月の本間ゴルフとの契約記者発表会でプロ宣言。
同年は米国女子ツアー1試合、シメトラツアー3試合、そして国内女子ツアーには21試合(うちステップ2試合)出場。
最大の目標としていたプロテストも堂々1位突破し、2017年シーズンのフル参戦権を獲得した。
(一部の試合を除く)
そして、2017年、『樋口久子 三菱電機レディス』で念願のツアー初勝利。


▼音声付き